チマブエの解説 - 小学館 大辞泉

[1240ころ~1302ころ]イタリアの画家。フィレンツェ派ビザンチンの伝統様式から、しだいに新しい人間的感情の表現に至り、ルネサンスへの転換期を代表する画家とされる。チマブーエ。チマーブエ。