チムールの解説 - 小学館 大辞泉

[1336~1405]チムール帝国の創始者。在位1370~1405。モンゴル系土豪の出身。チャガタイ‐ハン国の混乱に乗じて勢力を伸ばし、中央アジアの大部分を制し、キプチャク‐ハン国、西北インドに侵入。1402年にはオスマン帝国軍を破り、さらに明 (みん) への遠征途上病没。ティムール。

[補説]「帖木児」とも書く。