チャールズ・ディケンズの解説 - 小学館 大辞泉

[1812~1870]英国の小説家。ユーモアとペーソスのある文体で下層市民の哀歓を描き、ビクトリア朝時代を代表する作家として名声を得た。作「オリバー=ツイスト」「クリスマス‐キャロル」「二都物語」など。

チャールズ・ディケンズの解説 - SOCKETS人物データベース

『クリスマス・キャロル』『大いなる遺産』などを書いたヴィクトリア朝を代表する作家。
出生地
イギリス・イングランド・ポーツマス
生年月日
1812年2月7日 みずがめ座
没年月日
1870年6月9日(享年58歳)
別表記
Charles John Huffam Dickens チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ ディケンズ

出典:青空文庫

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉