• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ツタンカーメンの解説 - 小学館 大辞泉

エジプト第18王朝第12代の少年王。在位、前1361~前1352ごろ。イクナートンの後継者。アモン神崇拝に改宗し、アーメンと改名、都をアマルナからテーベに戻した。1922年、「王家の谷」から、王のミイラと豪華な副葬品が発掘された。ツタンクアーメン。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉