ツルゲーネフの解説 - 小学館 大辞泉

[1818~1883]ロシアの小説家。人道主義に立って社会問題を取り上げる一方、叙情豊かにロシアの田園を描いた。二葉亭四迷の訳で早くから日本に紹介された。作「猟人日記」「ルージン」「父と子」など。トゥルゲーネフ。ツルゲネーフ。

出典:青空文庫