ツンベルクの解説 - 小学館 大辞泉

[1743~1828]スウェーデンの博物学者・医師。リンネの指導を受ける。安永4年(1775)長崎オランダ商館の医師として来日、1年滞在。日本の医学・植物学の発達に貢献。著「日本紀行」「日本植物誌」など。ツーンベリ。ツュンベリー。

[1873~1953]スウェーデンの生化学者。生体の酸化還元反応を研究。ツンベルク管を考案。