テオドシウスの解説 - 小学館 大辞泉

(1世)[347~395]ローマ皇帝。在位379~395。乱れていたローマ帝国を再統一、キリスト教を国教とした。死に際して帝国を再び東西に二分し二子に残した。通称、大帝。
(2世)[401~450]東ローマ皇帝。在位408~450。の孫。「テオドシウス法典」を編纂 (へんさん) 。