• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

テオドール・モムゼンの解説 - 小学館 大辞泉

[1817~1903]ドイツの歴史家。ローマ史研究の基礎を確立。政治家としても活躍。1902年ノーベル文学賞受賞。著「ローマ史」「ローマ公法」など。

テオドール・モムゼンの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
シュレースヴィヒ
生年月日
1817年11月30日 いて座
没年月日
1903年11月1日(享年85歳)