• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

デューク・エリントンの解説 - 小学館 大辞泉

[1899~1974]米国のジャズピアニスト・作曲家。本名はエドワード=ケネディ=エリントン(Edward Kennedy Ellington)で、デューク(公爵)は通称。オーケストラリーダーとして大きな影響力をもったジャズ界の巨匠。作品に「A列車で行こう」「ソリチュード」など。

デューク・エリントンの解説 - SOCKETS人物データベース

マイルス・デイヴィスやスティーヴィー・ワンダーも脱帽する、20世紀最大の音楽家のひとり。50年にわたってバンドを率い、1000曲以上の自作を世に送り出した。
出生地
アメリカ・ワシントンD.C.
生年月日
1899年4月29日 おうし座
没年月日
1974年5月24日(享年75歳)
別表記
EDWARD "DUKE" ELLINGTON Edward Kennedy "Duke" Ellington Edward Kennedy Ellington ザ・デューク The Duke サー・デューク Sir Duke エドワード・ケネディ・デューク・エリントン