• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トマス・アクィナスの解説 - 小学館 大辞泉

[1225ころ~1274]イタリアの哲学者・神学者。ドミニコ会修道士。アルベルトゥス=マグヌスに師事。キリスト教とアリストテレス哲学を総合し、スコラ学を完成。中世最大の哲学者。著「神学大全」「護教大全」など。

トマス・アクィナスの解説 - SOCKETS人物データベース

宗教家・思想家
出生地
シチリア王国・ロッカセッカ
生年月日
1225年
没年月日
1274年3月7日(享年49歳)

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教の人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉