• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トマス・ホッブズの解説 - 小学館 大辞泉

[1588~1679]英国の哲学者・政治思想家。自然主義唯物論唯名論の立場に立つ。政治論では、社会の自然状態を「万人の万人に対する戦い」ととらえ、人間は、相互に契約を結んで一つの意志に服従する必要があり、ここに国家と主権が成立するとし、絶対君主制を擁護した。著「リバイアサン」「哲学原論」など。

トマス・ホッブズの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
イギリス
生年月日
1588年4月5日 おひつじ座
没年月日
1679年12月4日(享年91歳)