• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ニコラウスクサヌスの解説 - 小学館 大辞泉

[1401~1464]ドイツの神学者・哲学者。神秘主義と自然科学の調和を目ざす独自の哲学を説き、地球球体説を擁護し、近世への道を開いた先駆者といわれる。著「知ある無知」など。