ニコラウス・コペルニクスの解説 - 小学館 大辞泉

[1473~1543]ポーランドの天文学者・聖職者。プロシアの生まれ。神学・医学・数学・天文学を学んだ。天体観測を続け、ギリシャ思想をうけて地動説を主張。近代天文学の出発点を確立。ポーランド名、ミコワイ=コペルニク。著「天球の回転について」など。

ニコラウス・コペルニクスの解説 - SOCKETS人物データベース

ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭。天文学史上最も重要な再発見とされる天動説(地球中心説)を覆す地動説(太陽中心説)を唱えた。
出生地
ポーランド
生年月日
1473年2月19日 みずがめ座
没年月日
1543年5月24日(享年70歳)

出典:青空文庫

[地学/地学の人物]カテゴリの言葉