ノイマンの解説 - 小学館 大辞泉

[1798~1895]ドイツの物理学者。固体のモル比熱に関するノイマン‐コップの法則、電磁誘導に関するノイマンの法則を立てた。結晶光学なども研究。

[1903~1957]米国の数学者。ハンガリー生まれ。ヒルベルト空間論を展開して量子力学を数学的に基礎づけ、第二次大戦後は電子計算機論・数理経済学ゲームの理論を研究。ジョン=フォン=ノイマン。→ノイマン型コンピューター