ハミルトンの解説 - 小学館 大辞泉

[1805~1865]アイルランドの数学者・理論物理学者。ダブリン大トリニティーカレッジ在学中に天文学教授となる。光の波動論を支持し、光学系に特性関数を導入して幾何光学の基礎を作り、さらに力学の全分野に拡張して解析力学の基礎を確立。著「光線系の理論」。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[物理・化学/物理・化学の人物]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

[数学/数学の人物]カテゴリの言葉