ハンス・クレブスの解説 - 小学館 大辞泉

[1900~1981]英国の生化学者。ドイツの生まれ。ナチスの迫害で英国に移住。生体内で尿素が形成されるオルニチン回路を発見。さらに、糖が分解してエネルギーを発生させるクレブス回路(トリカルボン酸回路)を発見し、1953年ノーベル生理学医学賞受賞。

ハンス・クレブスの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
ドイツ・ヒルデスハイム
生年月日
1900年8月25日 おとめ座
没年月日
1981年11月22日(享年81歳)