• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ハンス・シュペーマンの解説 - 小学館 大辞泉

[1869~1941]ドイツの動物学者。イモリの胚 (はい) 形成体の作用を発見し、実験発生学に功績を残した。1935年、ノーベル生理学医学賞受賞。

ハンス・シュペーマンの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
ドイツ
生年月日
1869年6月27日 かに座
没年月日
1941年9月9日(享年72歳)