• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

バフチンの解説 - 小学館 大辞泉

[1895~1975]ソ連の文芸学者。幅広い知識のもとに近代の文学論の狭隘 (きょうあい) さを指摘、言語学・民俗学・歴史学などにも大きな影響を与えた。作「フランソワ=ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化」など。