ピエール・ド・フェルマーの解説 - 小学館 大辞泉

[1601~1665]フランスの数学者。数論・解析幾何学確率論・微分法の先駆をなし、幾何光学にも貢献。また、有名な「フェルマの最終定理」を残した。フェルマー。

ピエール・ド・フェルマーの解説 - SOCKETS人物データベース

フランスの数学者。「数論の父」本職は弁護士
出生地
フランス
生年月日
1607年
没年月日
1665年1月12日(享年58歳)

[物理・化学/物理・化学の人物]カテゴリの言葉

[数学/数学の人物]カテゴリの言葉