ピュビスドシャバンヌの解説 - 小学館 大辞泉

[1824~1898]フランスの画家。フレスコ画の伝統を基盤に油彩による壁画を多く制作、静謐 (せいひつ) ・高雅な画風で知られる。

[美術・音楽/西洋の美術作家]カテゴリの言葉