フェルマの解説 - 小学館 大辞泉

[1601~1665]フランスの数学者。数論・解析幾何学確率論・微分法の先駆をなし、幾何光学にも貢献。また、有名な「フェルマの最終定理」を残した。フェルマー。