フォイエルバッハの解説 - 小学館 大辞泉

[1804~1872]ドイツの哲学者。ヘーゲル学派の左派の一人。ヘーゲル批判から唯物論の立場に立ち、自らの哲学を「人間学」と呼んだ。宗教批判の書「キリスト教の本質」は、青年期のマルクス・エンゲルスらに大きな影響を与えた。著「将来の哲学の根本命題」など。

出典:青空文庫