• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

フランソワ・アングレールの解説 - 小学館 大辞泉

[1932~ ]ベルギーの物理学者。1964年に自発的対称性の破れによって素粒子が質量を獲得するという理論を提唱。同年、英国のピーター=ヒッグスが素粒子に質量を与えるヒッグス粒子の存在を提唱し、長年にわたって探索が続けられた。2012年にCERNLHC加速器で見つかった未知の新粒子はヒッグス粒子であると発表され、ヒッグスとともに、2013年にノーベル物理学賞を受賞した。

フランソワ・アングレールの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
ベルギー・ブリュッセル
生年月日
1932年11月6日(88歳) さそり座
別表記
François, Baron Englert