• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

フリッツ・ラングの解説 - 小学館 大辞泉

[1890~1976]ドイツの映画監督。「ドクトルマブゼ」「メトロポリス」などのヒット作を手がけ、ドイツを代表する映画監督となる。のち、ナチスから逃れて米国へ亡命し、ハリウッドで活躍。他の監督作に「死刑執行人もまた死す」など。

フリッツ・ラングの解説 - SOCKETS人物データベース

オーストリア生まれの映画監督。サイレント映画時代の傑作である『ドクトル・マブゼ』(1922年)、や『メトロポリス』(27年)などで一時代を築いた。米国へ亡命後は、ハリウッドで『死刑執行人もまた死す』(43年)や『飾窓の女』(44年)といった名作を残している。1976年没。
出生地
オーストリア
生年月日
1890年12月5日 いて座
没年月日
1976年8月2日(享年85歳)

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉