• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブルーノ・シュルツの解説 - 小学館 大辞泉

[1892~1942]ポーランドのユダヤ系作家。実験的な手法を用いて、幻想的な独自の世界を描いた。ゲシュタポにより射殺されたが、生前に発表した短編集「肉桂色の店」「クレプシドラ‐サナトリウム」が残されている。

ブルーノ・シュルツの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
ポーランド
生年月日
1892年7月12日 かに座
没年月日
1942年11月19日(享年50歳)