プラトンの解説 - 小学館 大辞泉

[前427ころ~前347]古代ギリシャの哲学者。ソクラテスの弟子。アテナイ郊外に学園(アカデメイア)を創設。現象界イデア界、感性と理性、霊魂と肉体とを区別する二元論認識論において、超越的なイデアを真実在と説き、ヨーロッパ哲学に大きな影響を残した。ソクラテスを主人公にした約30編の対話編がある。著「ソクラテスの弁明」「ファイドン」「饗宴」「国家」「法律」など。プラトーン。

プラトンの解説 - SOCKETS人物データベース

古代ギリシアの哲学者。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。
出生地
古代ギリシア
別表記
プラトーン Plato プレイトウ