ヘルマン・ヘッセの解説 - 小学館 大辞泉

[1877~1962]ドイツの詩人・小説家。1923年、スイスに帰化。第一次大戦中より絶対平和主義を唱え、のち、人間の内面性を追究しつつ、東洋思想にもひかれた。1946年ノーベル文学賞受賞。小説「ペーター‐カーメンチント」「車輪の下」「デミアン」「荒野の狼」「ガラス玉演戯」。

ヘルマン・ヘッセの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 学者・教授
出生地
ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州カルフ
生年月日
1877年7月2日 かに座
没年月日
1962年8月9日(享年85歳)

出典:青空文庫