ベルクの解説 - 小学館 大辞泉

[1885~1935]オーストリアの作曲家。シェーンベルクウェーベルンと並ぶ十二音音楽の代表者で、叙情的な音楽を残した。作品にオペラ「ボツェック」、弦楽四重奏曲「叙情組曲」など。

ベルクの解説 - SOCKETS人物データベース

オーストリア・ウィーン生まれの作曲家。シェーンベルクやヴェーベルンと交流を深め、新ウィーン楽派と呼ばれた。十二音技法など無調音楽を追究し、歌劇「ヴォツェック」などで話題を呼ぶ。代表作は弦楽四重奏による「抒情組曲」や歌曲「私の両眼を閉じてください」など。1935年死去。
出生地
オーストリア
生年月日
1885年2月9日 みずがめ座
没年月日
1935年12月24日(享年50歳)
別表記
アルバン・ベルク Alban Maria Johannes Berg アルバン・マリア・ヨハネス・ベルク

出典:青空文庫