ホフマンの解説 - 小学館 大辞泉

[1906~2008]スイスの化学者。幻覚剤LSDの開発で知られる。マジックマッシュルームの幻覚性成分の特定にも成功した。

[1776~1822]ドイツの小説家。判事兼作家の生活を送り、怪奇的、幻想的な作品を書いた。絵画・音楽にもすぐれた。作「黄金の壺 (つぼ) 」「悪魔の霊液」「牡猫ムルの人生観」など。

[1818~1892]ドイツの有機化学者。コールタールからアニリンを発見するなど、タール染料工業の基礎を築いた。また、アリル化合物やホルムアルデヒドなどの研究でも業績をあげた。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[物理・化学/物理・化学の人物]カテゴリの言葉