ミヒャエル・エンデの解説 - 小学館 大辞泉

[1929~1995]ドイツの児童文学者。父エドガーはシュールレアリスムの画家。時間泥棒から人々を救う少女を描いた「モモ」が、世界的ベストセラーとなる。文明批判を織りこみながら空想の世界をたくみに描き、広く人気を得た。他に「はてしない物語」「鏡の中の鏡」など。

ミヒャエル・エンデの解説 - SOCKETS人物データベース

ドイツ生まれの児童文学作家。『ジム・ボタンの機関車大旅行』『モモ』などで知られる。代表作の『はてしない物語』は、『ネバーエンディング・ストーリー』として映画化され大ヒットした。1995年没。
出生地
ドイツ・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン
生年月日
1929年11月12日 さそり座
没年月日
1995年8月28日(享年65歳)