ミュラーの解説 - 小学館 大辞泉

[1801~1858]ドイツの生理・解剖学者。血液成分、分泌腺の働き、腫瘍 (しゅよう) の構造、生殖器官の発生など、広い分野の研究で、多くの業績がある。著「人体生理学便覧」。

[1899~1965]スイスの化学者。DDTに強い殺虫力があることを発見した。1948年ノーベル生理学医学賞受賞。

[1794~1827]ドイツ‐ロマン派の叙情詩人。作品「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」は、シューベルトの作曲で知られる。

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース