ミルトン・フリードマンの解説 - 小学館 大辞泉

[1912~2006]米国の経済学者。独自の貨幣観・金融政策観に基づく新貨幣数量説の体系を確立。その主張はマネタリズムとよばれた。1976年ノーベル経済学賞受賞。著「消費の経済理論」「資本主義と自由」など。

ミルトン・フリードマンの解説 - SOCKETS人物データベース

20世紀後半の主要なリバタリアニズム経済学者の代表的存在といわれるアメリカのマクロ経済学者。
出生地
アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク市
生年月日
1912年7月31日 しし座
没年月日
2006年11月16日(享年94歳)
別表記
巨匠 異端児 小さな巨人