メアリーの解説 - 小学館 大辞泉

英国の女王。

(1世)[1516~1558]在位1553~1558。ヘンリー8世とキャサリンの子。スペイン王フェリペ2世と結婚、旧教の復活を進め新教徒を迫害したので「血のメアリー」とあだ名された。
(2世)[1662~1694]在位1689~1694。ジェームズ2世の長女。オレンジ公ウィリアム(ウィリアム3世)と結婚してオランダに渡ったが、名誉革命後、英国王に迎えられ、夫とともに共同統治した。