• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

メーヌドビランの解説 - 小学館 大辞泉

[1766~1824]フランスの哲学者。本名、フランソワ=ピエール=ゴンティエ=ド=ビラン(François Pierre Gontier de Biran)。観念学派から出発し、主意主義に進んだが、晩年は神秘主義に近づいた。著「思考能力に及ぼす習慣の影響」「心理学の基礎」など。

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉