モルトケの解説 - 小学館 大辞泉

(Helmuth Karl Bernhard von ~)[1800~1891]プロイセンの軍人。クラウゼビッツの軍事学を研究し、参謀総長として普墺 (ふおう) 戦争普仏戦争などに勝利。ドイツ帝国の成立に貢献した。大モルトケ。
(Helmuth Johann Ludwig von ~)[1848~1916]ドイツ帝国の軍人。の甥。参謀総長として第一次大戦の緒戦を指揮。シュリーフェンプランを実行するが失敗し辞任した。小モルトケ。