• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

モーリス・メルロー=ポンティの解説 - 小学館 大辞泉

[1908~1961]フランスの哲学者。後期フッサール現象学に強い影響を受け、人間的主体としての身体をありのままに記述する独自の現象学を展開した。著「行動の構造」「知覚の現象学」「シーニュ」など。

モーリス・メルロー=ポンティの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
フランス共和国・シャラント=マリティーム県ロシュフォール
生年月日
1908年3月14日 うお座
没年月日
1961年5月3日(享年53歳)
別表記
モーリス・メルロ=ポンティ モーリス・メルロ・ポンティ