ヤロスラフ・サイフェルトの解説 - 小学館 大辞泉

[1901~1986]チェコの詩人。プラハ生まれ。プロレタリア詩から出発し、両大戦間期には前衛芸術運動に参加した。1968年のソ連軍のチェコ占領に抗議するなど、反体制の詩人として知られる。1984年ノーベル文学賞受賞。詩集「涙の中の町」「お母さん」「無線通信の電波に乗って」、回想記「この世の美しきものすべて」。

ヤロスラフ・サイフェルトの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
チェコ・プラハジシュカ
生年月日
1901年9月23日 おとめ座
没年月日
1986年1月10日(享年84歳)