ヨセフの解説 - 小学館 大辞泉

旧約聖書創世記」の人物。ヤコブの子。父から特にかわいがられたため他の兄弟たちに憎まれ、エジプトに売られたが、のち宰相となって国を飢饉 (ききん) から救い、父や兄弟たちと再会する。
イエスの母マリアの夫。大工とされる。イエスの養父。
イエスの弟子。刑死したイエスを引き取り、墓に葬った。アリマタヤのヨセフ。

出典:青空文庫

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教の人物]カテゴリの言葉