• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

リヒャルト・クーンの解説 - 小学館 大辞泉

[1900~1967]ドイツの化学者。牛乳などからラクトフラビン(ビタミンB2)の分離・合成に成功。ビタミンAの合成にも成功。

リヒャルト・クーンの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
オーストリア・ウィーン
生年月日
1900年12月3日 いて座
没年月日
1967年8月1日(享年66歳)