• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

リーフェンシュタールの解説 - 小学館 大辞泉

[1902~2003]ドイツの女性映画監督・写真家。ベルリンの生まれ。ナチス政権期に活躍、ベルリンオリンピックの記録映画「民族の祭典」「美の祭典」で世界的な名声を得る。第二次大戦後はナチス宣伝の罪で投獄されるが無罪となった。のちに写真家として活動、アフリカのスーダン奥地にすむ部族ヌバの写真集を発表したことで知られる。自伝「回想」も残した。

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉