リープクネヒトの解説 - 小学館 大辞泉

(Wilhelm ~)[1826~1900]ドイツの社会主義者。スイス、次いでロンドンに亡命してマルクスに師事。1869年、ベーベルとともに社会民主労働者党を結成。1875年、ラッサール派と合同して社会主義労働者党を結成。著「土地問題」「カール=マルクス追想録」など。
(Karl ~)[1871~1919]ドイツの政治家。の子。社会民主党左翼急進派の指導者として第一次大戦に反対。1916年、ローザ=ルクセンブルクらとスパルタクス団を組織。ドイツ革命勃発後ドイツ共産党を結成、一月蜂起に参加し政府軍によって虐殺された。

出典:青空文庫