ロベルト・コッホの解説 - 小学館 大辞泉

[1843~1910]ドイツの細菌学者。細菌の固形培養法・純粋培養法を完成し、結核菌コレラ菌などを発見、ツベルクリンを創製するなど細菌学・伝染病・免疫学の研究に貢献。1905年、ノーベル生理学医学賞受賞。

ロベルト・コッホの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
ドイツ
生年月日
1843年12月11日 いて座
没年月日
1910年5月27日(享年66歳)