ワグナーの解説 - 小学館 大辞泉

[1835~1917]ドイツの経済学者。新歴史学派の代表者で、自由放任主義社会主義革命とに反対して、国家社会主義を唱えた。著「財政学」。

[1877~1953]米国の政治家。全国産業復興法などの社会立法を提案し、ニューディール政策に参画、ワグナー法を立案。

[1813~1883]ドイツの作曲家。従来のアリア偏重のオペラに対し、音楽・演劇・詩の統一的な融合による総合芸術をめざして楽劇を創始。晩年、バイロイトに祝祭劇場を設立。作品に「タンホイザー」「ローエングリン」「トリスタンとイゾルデ」「ニーベルングの指環」など。ワーグナー。ワグネル。

出典:gooニュース

出典:青空文庫

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉