• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一休宗純の解説 - 小学館 大辞泉

[1394~1481]室町中期の臨済宗の僧。京都の人。後小松天皇の落胤 (らくいん) といわれる。号、狂雲子・夢閨。華叟宗曇 (かそうそうどん) に学び、大徳寺の住持となる。禅宗の革新に尽力。詩・狂歌・書画をよくし、奇行の持ち主として知られる。世に伝えられる頓智咄 (とんちばなし) は後世のもの。詩集に「狂雲集」など。

一休宗純の解説 - SOCKETS人物データベース

テレビアニメ『一休さん』のモデルとして知られる、室町時代の臨済宗大徳寺派の禅僧。
出生地
京都府
生年月日
1394年2月1日 みずがめ座
没年月日
1481年(享年86歳)

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉