• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一条冬良の解説 - 小学館 大辞泉

[1464~1514]室町後期の公家・学者。兼良 (かねら) の子。関白太政大臣。宗祇 (そうぎ) とともに準勅撰の「新撰菟玖波 (つくば) 集」を編集。いちじょうふゆよし。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉