• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三上於菟吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1891~1944]小説家。埼玉の生まれ。長谷川時雨の夫。時代物の大衆小説を多く書いた。作「敵打日月双紙」「鴛鴦呪文 (おしどりじゅもん) 」「雪之丞変化 (ゆきのじょうへんげ) 」など。

三上於菟吉の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
埼玉県中葛飾郡桜井村(現・春日部市)
生年月日
1891年2月4日 みずがめ座
没年月日
1944年2月7日(享年53歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉