• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三条西季知の解説 - 小学館 大辞泉

[1811~1880]幕末・明治前期の公家・歌人。尊王攘夷派として活躍。文久3年(1863)8月18日の政変で七卿落ちの一人として西走。維新後、明治天皇の侍従。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉