• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三浦しをんの解説 - 小学館 大辞泉

[1976~ ]小説家。東京の生まれ。自分自身の就職活動や少年少女の心理を題材にした作品で若い読者の支持を得る。「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞受賞。他に「格闘する者に○ (まる) 」「むかしのはなし」「私が語りはじめた彼は」「舟を編む」など。