三浦梧楼の解説 - 小学館 大辞泉

[1847~1926]軍人・政治家。山口の生まれ。広島鎮台司令長官として萩の乱を鎮圧。のち、朝鮮特命全権公使として閔妃 (びんひ) 殺害事件を起こした。晩年は山県有朋とともに政界の黒幕として活動。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉