三笠宮の解説 - 小学館 大辞泉

宮家の一。昭和10年(1935)大正天皇の第4皇子崇仁 (たかひと) 親王が創立。